Spiel’13 雑記(2013/10/24編)

2013/10/24
Essen Spiel’13開催初日 晴れ。
6:30起床。
ビュッフェの食事は流石に連日なので肉を減らして乳製品系に変更
前日のプレスデーで開場10時スタートだけれど、早めに出発。
昨日トラブルのあった予約対応については、お客様の名前をiPadで検索できないか、とコンセプさんが直前まで調整。出発数分前にその体制を整えてくださった。
これで一件あたり2〜3分以上要していた予約対応が1分程度で可能になる! と言うことで心から感謝。
徒歩で会場に向かう。
okazuブランドの奥様のほうの、にゃもさんが和服、こげこげ堂のisaさんの奥様が浴衣を着ておられたので、歩くスピードに気を遣わないとな、などと思いながらもついつい気がはやって、足早になってしまう。
会場前はすでにぞろぞろと人出があり、すごい人だなーと横目に見ながら、会場に入り、ブースに向かう。
隣を歩いていたカナイさんに安くゲームを売っているお店の情報を聞いたり、プレスルームの場所を聞きながら歩いていると、前方遠くに黒山の人だかりが。それをみて、カナイさんが一言。
「やばい、終わった…w」
まさか、と思ったが近づくにつれどうも間違いなくヤポンブランドの前にいるらしい。
開催30分前なのに。。。?
半信半疑のまま小走りでブースにたどり着くと、先入りしていた健部さんとシモンさんがたった二人でてんやわんやで対応をしている。声をかけると「まずいので、開けてしまう判断をした」とのこと。
確かにまずい。すでに人だかりは誰もコントロールされないまま、左右と向かいのブースの妨げになっている。
私は予約処理担当なので、コンセプションさんと二人三脚で、私が受付、彼が棚だしする、という体制にして、対応開始。
溢れる人、途切れない問い合わせで大混乱の中ひたすら人をさばく。
 列整理をしていたマサノフさんやハトクラのえぅさん達に後で聞いたところによると、そちらも大変だったらしい。
開場した時刻もわからぬままてんやわんやで処理をして、全ての待機がはけたのは1時間弱たったあと。問い合わせ対応など、なんでもやっていたカナイさんや、一緒に予約をさばいたコンセプションさんと肩を抱き合って喜んだ。
全身汗だくだった。みんなそうだったと思う。
日本のゲームは、ラブレターやトレインズの成功で注目されているよ、と伺ってはいたけれど、まさにそれを肌で感じる熱気だった。
コンセプションさんが直前で構築した予約をiPadで検索できる体制がなかったら、本当にどうにもならなかったと思う。
行列が引いたのちも人が途切れることはなかったが、ある程度目処がついた昼頃から、プレイ卓で自分のゲームも出させていただく。
中に1人、台湾の方らしき可愛らしい女性がおり、ずっと赤ずきんのディスプレイを真剣な顔で見つめている。
どんなゲームか質問に答えているうちに、他のフランス人の夫婦が遊びたい、と声をかけてくださり、自分を交えて4人で遊ぶことに。
最初はどんなゲームだろう、値踏みするようなうかがうような表情だったのがやがてぱっと笑顔になってくださり、手応えを感じると共にホッとした嬉しい瞬間だった。
その後も遊んで気に入って、すぐ買ってくださる方がしばしば続き、嬉しかった。
自分のゲームのタイトルについては”Eat me, if you can”という、ちょっとえっちっぽいタイトルにしていた事が良かったのか悪かったのか、タイトルを見た瞬間爆笑するフランス人、ニヤリとして去ってゆく人など色々でした。
遊んでいただいた今回の出展作品はどれも好評で、コンセプションさんの”タマゴリッチ”、有限浪漫さんの”ドンブリコ”、こげこげ堂本舗の”スシドラ!”、”ワンナイト人狼”、それに自分のゲームがプレイ卓で特に多く遊ばれており、カナイさんやokazuさんは自分たち初出展組に譲ってくださっており、申し訳ないと内心思いながらも、お言葉に甘えてしまいました。。。
中でもスシドラ!は、やはりsushiという日本テーマというのがつかみとしてすごく良いようで、彼が寿司マスターのコスプレだったこともありインパクトは十分。一番遊ばれていた気がしました。
一方マサノフさん。彼は生真面目っぽい人ですごくいい人なのだがあがり症なようで、一生懸命自分のゲームの説明をするのだけれども、英語が苦手なこともあってついつい外国人のお客様に日本語が出てしまうようで…
僕が見た範囲ではディスプレイを見ている方に「どうもこんにちは!」って言っちゃったりとか、ゲームが終わった後「お疲れ様です!」って言っちゃったりとか、インスト中これは何ポイントになるんだ?という質問に対して、「うん!にポイント!」って自信満々に答えてポカンとされたりとか。。。w
はたから見ていてハラハラするやら笑えるやらで楽しませて頂きました。本人は真剣なのがまた。。でもダメかというとそんなことはなくて、インスト用に自分と同じく説明ボードを用意していらして、一緒に読んでもらいながら説明し、ちゃんとゲームを理解した上で笑いが生まれていたので良かったと思います。
午後に入って少しずつゆとりができたので交代で一時間ずつくらい外に出ることに。
中を歩いて、まずはすさまじい人出に圧倒されました。
日本のゲームマーケットが5000人、一方でEssen Spielは4日間の開催で15万人。およそ30倍の人が参加されている計算です。勿論延べ人数なので1人が複数日来ているんでしょうけれど、それでも桁違いの人出です。それも老若男女問わず、幅広い人々がそれぞれ集って一緒に遊んでいる姿を見て、この人たち、みんな同じ趣味を共有しているんだ…と自分でもよくわからない感動をおぼえ、圧倒されました。
この日自分はマイナーブランドの多いホール2にゆきました。
ルールをざっと読んで気になっていたIntrigue City(陰謀の街)とドイツ語版のラブレターを購入。
ホール2ではゲームだけではなく、鎧甲冑の専門店があったり、杖を売っているコーナーでは中学生時代に大好きだったファンタジー小説「ドラゴンランス」シリーズに出てくる”マギウスの杖”を売っていたり、赤いフード付きのローブを売っていて危うく赤ずきん用に買いそうになったり、かと思えばR2D2が館内をウロウロしていてぶつかりそうになったり、すんごいクオリティの高いエルフやオークのコスプレの人がいたり、MT:Gのシングルカード専門店では壁一面に古くからある使い道のあまりない古いカードが壁一面に貼られていたり、見ていて飽きなかったです。
お昼は以前ボー研の直江さんがpodcastで紹介されていて、ドイツにいる間に必ず食べようと思っていたカリーヴルスト。ぶつ切りにしたソーセージにターメリックが多めに振られたカレーソースがかかっていて、バゲットに挟んで食べました。要するにカレーホットドッグ。
向こうのファストフードって位置づけなんだけれどうまかった。
夜はお約束のビールを飲んだら気絶するように寝てしまった。
このようにして、激動の初日は終了したのだった。
ツイートツイート
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。