Spiel’13 雑記(2013/10/21編)

ドイツ・エッセンに渡航してから、すでにひと月以上も経ってしまいました。

じつは、Essen Spiel 2013 開催期間中、毎日何があったのか、どんなことを感じたのかをiPhoneのボイスレコーダーに録音しておりました。これを個人的に自分で後日読み返すための文章にしておきたいと思い、以下に記録します。

  • 開催から非常に時間がたっており、残念ながらニュース性はほとんどありません。
  • あくまでも個人的な出来事を個人の目線で録音したことをできるだけその時録音した時のニュアンスのまま記録しており、オチがなかったりするかもしれません。ですから、読んで面白くなくても苦情は受け付けません(笑
  • 長文ですが、ご容赦ください。

あくまでも個人的な出来事を記録したもので、あまりWebのJunias公式サイトで発信するような内容ではないのでは、とも思いましたが、そんな内容でも興味を持ってくださる方もいらっしゃるのではないかと思い、悩みましたが公開することにいたしました。文章はあった出来事を独白しているような体裁になっているので、多少読みづらいかもしれません。

文量が当初思っていたよりもよほど多くて書き出しに苦労しており、10/21~23の分のみ記録しています。10/24~28については、近日中に記録して公開します。

2013/10/21
日本 天候は霧
朝5時起床。
昨夜ほとんど眠れず、まとめておいた荷物の何度目かのチェックを終え、出発する。

10時過ぎの便なので9時ごろに着いていれば良いのだけれど、結局8時頃には成田に。
円をユーロに(137.3円/1ユーロ)変えたり、スタバでコーヒーでも飲んでいよう、などと思いながらロビーにたどり着くと、一緒にJALの便で出発するコンセプションさん、有限浪漫のマサノフ(以下マサノフ)さんの後ろ姿を見つけた。
今年のヤポンブランドは総勢15名。取れた便ごとに、3,4つのチームに分かれてエッセンに向かう。
我々4名は、ヤポンブランド内ではJAL組と呼ばれていた。

二人の顔を見て、落ち着かずに早々に家を出たんだな、と勝手に共感してホッとする。
JAL組のうち、この後しばらくしてセキさんと合流。少し体調を崩しているそうで、顔色が良くないが平気とのこと。セキさんを除いた三名は初めてのSpiel。
全てが初めてのことばかりで、浮ついている。

四人そろいホッとしたのもつかの間、発着表を見ると我々の乗るロンドン行きの便が1時間半ほど遅延し12:00になったとの表示。早く出たのに台無し! まぁあいた時間に日本のものを食ってゆこう、と空港内で蕎麦をたぐって、空港が一望できる屋上に出たりなど、のんびりしてから出発ロビーへ。

携帯の電源を切って、日本に一時の別れを告げた。

飛行機は一路、経由地のロンドンへ。
機内食はチキンライス。
機中では1人だけ離れた席に座ったマサノフさんが隣のおばちゃんと世間話に花を咲かせており、社交的だなあすごいなあと思っていたらどうも一方的に絡まれていたようだ。

隣の席になったコンセプションさんはもの凄くテンションが上がっていて、何もかも写真を撮りまくっていた。

日本からロンドンに向かうには北上して、ロシアを横断しつつ北極海に出る。
機中からみ下ろすロシアはひたすら山と原生林で、地球は広いのだなあ、などと子供の様な感想を抱いた。
ロンドン到着は現地時間の16時20分ごろ。日本のマイナス9時間なのでおよそ15時間の旅程。
着陸時にロンドン市街を見下ろし、ひときわ大きいテムズとおぼしき川を発見。
ミスターXの時には大変お世話になりました。

ロンドンではマサノフさんが税関でつかまる。どうも鞄に入れていたiPadが引っかかった模様。
言葉も通じず焦りまくるマサノフさんをセキさんがカバー。
英語とドイツ語を解する彼がいてくれて本当に心強い。

ロンドンでは両替しておいたユーロが使えず、両替も高いので我慢し、19時に発った。
ロンドンーデュッセルドルフ間はほとんど気を失ったように寝てしまい、現地の21日21時に到着。
日本時間の翌朝四時。疲れているわけだ。

ドイツ一食目は唯一あいていたマクドナルド。リブサンド食べたら美味かった。
デュッセルドルフから、宿泊先のエッセン、ホテルブレデニー迄はおよそ20km。
遠い…と思っていたがタクシーで噂のアウトバーンの洗礼を受ける。早い。めちゃくちゃ早い。
最高180km/hまで見た気がする。
飛行機の着陸体制の時、190km/hとか出ていたから、翼着ければ飛ぶんじゃないか、などと話しているうちにホテルブレデニーに到着。
待ち疲れた様子の健部さんより鍵を受け取り、コンセプションさん、マサノフさんと3人部屋で同室となった。3人部屋で、うちひとつだけ良いベッドだったので、即興でゲームを作って勝負し、勝利。31時間あった長い長い1日目を終えたのだった。

ツイートツイート
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。